贈ってはいけない開業祝いの贈呈

サービスをする時折、避けた方がよい売り物があります。
間違えて不能のサービスをしないように気を付けましょう。
●どういうサービスの時でも不能なもの●
1.肌着
2.くし
3.ハンカチ
4.お茶
5.腕時計
6.万年筆
7.積荷
8.靴下やスリッパなどの履物
9.マット
●独り立ち祝いでは更に不能なもの●
1.火を予想させる灰皿やレポーター・赤い花など
2.ストーンやお札などの宗教的方法
これらは、『縁起が悪い』『不吉』といった昔から言われているものです。
肌着は、”下に身につける方法”。くしは”く=苦。し=死”を意味する方法として贈ってはいけないものです。
ハンカチに関しても、漢字でかくと”手巾(てぎれ)となるため、”手切れや人脈切れ”に繋がってしまうために避けた方が良いものとなります。
お茶に関しては、しばしば弔辞で香典返しとして生きる事が多い為に、殊更高齢の人物の場合には気にする方もある。
そうして、目上の方に情けないサービスとしては、腕時計・積荷・万年筆。
これは”から勤勉に”に関してを用いる為に避けた方が良い一品だ。
けど、置時計の場合には贈っても大丈夫です。
靴下やスリッパ・マットなど、”踏み付ける”に関してに繋がるものも避けた方が良いものですが、開業した目標の事業によっては必要な場合があるので、そうした場合には、目標の情熱によって判断すると良いでしょう。
そうして、サービスには縁起物をささげる事は喜ばれますが、気をつけたいのがストーンであったり、お札などの宗教的方法。
また火を連想させて仕舞う感じも贈らないように気を付けましょう。

一味違う独り立ち祝の贈呈として、鏡開きは如何でしょうか。
一環注意しておくのは、相手側がすでに用意している場合もあるので、確認が必要なこと。
もしも用意していなければ、大事な独り立ちという祝福に、祈願サクセスの儀式です鏡開きを贈ってみてはいかがでしょうか。
可愛いオーディエンスも遊べるプチもありますよ。
●鏡開きの定義●
清酒の樽のふたを叩いて割り、その清酒を行ない酒としてみんなで飲み込む儀式のことを鏡開きともいいます。
(因みに、お正月に鏡餅を割ってお雑煮などにして取る儀式も、1年間の無病息災を祈って行われる鏡開きといいます。)
独り立ち祝いでは、こういう樽(=鏡)を割る=解く事によって、今後のこれからの幸福を開いていただけるに関してが秘められてある。
元々の本家は武士の年代、戦の出発の時に自分に従う兵たちのやる気を高めていこうって、仕方酒として酒樽を割った事が由来って云われてある。
今では、色々な祝福の場所で幸福をみんなで分け合う為に行われていますね。燃える案件ダヨ。
●プチ鏡開きフルセット●
お酒・樽・ひしゃくというフルセットになった物品だ。
飯台で気軽にできるので、どういう地方も行う事ができるという事で人気があります。
●ゼロ升樽のフルセット●
こちらは少人数でも、清酒を余さずに行う事ができる鏡開きだ。
●菰樽●
大数で盛大に行いたい場合には、菰樽がおススメ。
名を入れていただけるバックアップも中にはあるので、催事の大事な1局面となることでしょう。http://クッションコンパクト.com/